読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mamenotanemame

2014年4月よりJOCV、ベネズエラにてアグロエコツーリズム開発のサポートを。

マルガリータ滞在

f:id:mamenotanemame:20140824200759j:plain
先輩隊員の任地、マルガリータ島へ、彼が企画した日本文化祭手伝いのために行けることになり、一週間滞在してきた。
前半は準備、そして文化祭当日、翌日には配属先が取り組んでいるエコツーリズムの試ツアー、最終日に一日自由時間。そんな具合に日程を組んでくれて、とても充実した、そしてすごく勉強になる滞在になった。企画していただいた先輩に大感謝です。

日本文化祭は、8月6日に行った。内容は、先輩隊員さんおよび配属先の活動紹介と日本の文化紹介。日本文化は、おりがみと七夕飾りの展示及びワークショップ、原爆展、終戦から現在までの日本の経済発展史、そして、日本の魚文化と漁業の紹介、現地でもできる日本食としてさつま揚げの提供、ソーラン節、アクティビティとして浴衣の着付け。

結果は、大盛況だった。
会場を貸してくれた博物館には、普段の5倍の来場者が訪れ、配属先の活動も多くの人に知ってもらうことができて、手伝いの協力隊員は公務でマルガリータに来れる。来場者も皆とても満足して帰っていった。本当に皆にとって嬉しいイベントだったと思う。

次の日のエコツーリズムツアーは、先輩の任地のあるマカナオ半島を一日かけてぐるり一周まわるツアー。ラムサール条約にも登録されているマングローブの湿地、絶滅危惧種のコトーラ(cotorra)という鳥の保護サイト、ビーチ、地元の産業(造船業とアーティスト)見学、そして民家にて、手づくり野菜や地元の魚が楽しめる食事。現地の人と触れ合うことのできる、とてもいいツアーだった。

その次の日は、一日自由時間だったので、マルガリータでパーマカルチャーを実践しているコミュニティの見学へ。住所がわからず、近辺についても住民も知らない人が多かったのでだんだん不安になってくる。でも知ってる人にもたどり着き、ようやくその場所に。
意外だったのは、入口に大きな立派な門とゲートがあり、警備員さんがいたこと。
訪問の目的を伝えると、無事に中に入れてもらえて、しばらく事務所で待つ。警備員さんは親切で、コーヒーを飲みながらおしゃべりしていた。
しばらくしてからスタッフらしき人が来て案内してくれることに。無線でやりとりしてるのが印象的だった。聞かなかったけど携帯の電波がここは届かないのだろうか。

長くなりそうなので、別のページにて。